×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

医療保険について

人が生きていく間には、万が一の事態があります。たとえば、急な事故やさまざまな病気などです。普段意識はしていませんが、そのような事も十分あり得るのです。保険とは入院や手術や通院を余技なくされ、高額な費用がかかってしまします。そんなときに助けてくれるものです。

医療保険について2

保険の仕組みとは、毎月たくさんの人たちから契約したお金を集め、困っている人たちに給付される仕組みになっています。ですから医療保険でいえば、各保険会社が契約者から毎月「保険料」を集め、入院や手術をした人に、「給付金」として支払うという仕組みです。高額な費用は家族にも負担がかかります。医療保険は私たちの生活を支え、負担を軽くしてくれる大切なものです。保険といってもさまざまな種類があるのです。医療保険を含めどのような種類があるのでしょう。

医療保険について3

医療保険、年金保険、労働保険、介護保険は公的な保険としてわたしたちの生活に密接しています。それから死亡保障、医療保障、介護保障、老後生活保障などは各個人が選別し契約を結ぶ私的な保険になっています。保険料は年齢や性別、各保険会社によっても異なり、保障される項目や保障期間が長くなればなるほど、保険料は高くなります。毎月の保険料が生活の負担にかかってしまえば、続けることはできませんよね。確かに高額な医療費がかかった場合保障が高ければ高いほど負担は少なくなりますが。契約時に保険料をよく検討して決めましょう。高額な医療費にはこの医療保険制度は必要ですよね。私たちの生活を支えてくれる大切なものですね。

Copyright © 2008 医療保険をわかりやすくナビゲーション